MainImage

突発性難聴

突発性難聴とは、ある日突然に片耳が聞こえなくなる感音性難聴のうち原因不明のものをいいます。

朝起きてみたら突然、片耳が聞こえにくくなるなど、瞬時に分かる突発性の症状が突発性難聴です。
日本では年間3万5千人が発症していますが、元に戻るのは僅か1/3程度です。
有力な説はあるものの原因は不明で、突発性難聴が慢性化した感音性難聴は鍼を含めて有効性のある治療法は未だ確立していません。
50~60歳代の方の発症が主ですが、小児の発症や全年齢での発症があります。
しかし、突発性難聴の早期の治療に関しては鍼の効果が期待できます!
あなたの突発性難聴が慢性化する前に、当院の突発性難聴の治療へお越しください。

理由1鍼灸を使った安心・安全な治療!

グランデ接骨院では突発性難聴の方によくみられる胸鎖乳突筋の異常な緊張をしっかりほぐして緩め、内耳の血行を改善します。温める治療を鍼の組み合わせで治療するので、薬やホルモン剤等は使いません。薬がいらないので妊娠中の方や授乳中の方も安心して治療を受けていただけます。

理由2鍼灸院では専門機関東海初導入

スーパーライザーによる頚部の星状神経節最新レーザー照射により全身血流、自律神経調整、ホルモン分泌を促進させます。注射器と違い、薬物副作用、針刺しによる痛み、手技効果のバラつきが全くなく、安全に効果的に行えます。ここまで専門特化した医療設備は当院だけです。

理由3治療豊富な先生の施術!

鍼灸師の谷口先生、駒澤先生は突発性難聴の方を多数施術してきた経験があります。安心してお任せいただけます。

西洋医学+東洋医学で改善を目指します!

病院での治療と平行し、当院の難聴治療に通っていただくことをおすすめしています。

突発性難聴は、医学的に原因がわかりません。ということは、治療法も薬も確実なものが完成していない=西洋医学では限界があるということです。

当院のメリットは、薬剤を使わないので、妊婦さんや服薬中の人でも安全に行えるというところです。病院のメリットは、まさかの脳腫瘍や難治性の耳以外の疾患があるときにスクーリングできます。また、症例も多いです。

グランデ接骨院 鍼灸治療の流れ

STEP1横向きでもみほぐし

横向き・仰向けでの骨格調整・筋緊張緩和マッサージをします(7-8分)

STEP2仰向けで首のもみほぐし

耳から首にかけての難聴専門マッサージ(7-8分程度)を行います。
全身リラックスでき、心地よいマッサージで筋肉がほぐれていき、症状の改善を促します。

STEP3耳・首周辺に集中して鍼治療

聴力の回復に効果の特孔ツボを使って、鍼で内耳の血流を良くします(ほぼ無痛です)(15-20分程度)
難聴に特に効くツボ《特孔》に無痛の鍼治療をします。
針先は極細なので、痛みをほぼ感じませんので安心してください。

STEP4血流を改善

星状神経を安全に刺激できる、スーパーライザーを使って(ほんのり暖かい程度)交感神経の緊張をなくし内耳の血流を改善します。(10分)
当院は深部まで届くレーザーにて、副作用が全くなく安全に効果を発揮させることが出来ます。より安全性が高く患者様の負担が少なくなります。
しかし、一回の治療効果は注射による星状神経節ブロックより劣りますので、効果を出すためには週3回以上の治療がおすすめです。
星状神経節照射は、全身の血流改善効果がありますので、血流障害(血行障害)により引き起こされている諸症状の改善に効果があります。
また、自律神経のバランスが崩れているといわれている方も、その崩れたバランスを正常に戻す効果があるためおすすめです。
雑誌に神経ブロックの新たな最新治療として、無痛レーザー治療が紹介されました。
鍼灸院では三重県下唯一の星状神経にレーザー治療ができる院です。

所要時間目安は、1回50~60分です。
※すべて個人にあわせたオーダーメイドの治療メニューです。
※ 突発性難聴の経過の観察にはオージオメーターが必要不可欠となります。

突発性難聴 治療例

鈴鹿市 78歳 女性

難聴治療によって6回目頃、あら16年来の難聴が治療により突然よくなり、キーッという音が小さくなり、聞こえるようになったことに驚いています。
治療自体も痛みもなく、心地よい刺激なので、安心して受けられました。最初は鍼治療も痛いのが不安でしたが、まったく痛みもなくうとうとするくらい心地いいです。
現在も日によっては耳鳴りがありますが、以前より格段に耳鳴りや閉塞感がとれました。自分もびっくりしています。今後とも宜しくお願い致します。

鈴鹿市 42歳 女性

ある日、突然耳鳴りがし始めました。2日たってもキーンキーンとするので、耳鼻科へ行くと突発性難聴といわれ、直に大学病院へ入院ということになりました。
入院時には90dbまでになっていました。
入院して8日間ステロイドの点滴と投薬し退院時80dbまでにしかなっておらず、まだキーンという高い音が継続して、途方に暮れていたところ、家族におおえのき接骨院で難聴も治療していると聞き、これだと思い、外出許可中に直接話を伺い、院長は退院したら、すぐにでも受診したほうが効果は高いといわれ、退院後そのまま治療をしました。
治療も針はどんなことをするのか不安でしたが、最初の首のマッサージは心地よく、身も心もほぐれて、緊張がとれ、女性の先生も話しやすく不安も取れていきました。
レーザー直後は正直変化がなかったのですが、帰るころには体もポカポカして、血流が流れているのがはっきりとわかるほどです。
身体の変化はあっても、依然耳は何も聞こえませんでした。
1週間集中治療して、やっぱりダメかな…とあきらめかけていました。
私の場合は、音楽は片方の耳で聞いていたのですが、少しずつ、何か雑音のように聞こえ始め、ザーザザと聞こえて、その後すぐにリズムの低音も聞こえてきました。
ここまで、3週間たち、だんだんはっきり聞こえてくるようになり、発症から3か月たって、今では15dbまで戻り、耳鼻科の医師からほぼ回復しているとお墨付きをもらえました。
耳鳴りのつらい時期はありましたが、今では生活にほぼ支障ないようになっています。
院長・鍼灸担当の先生には大変お世話になりました。
落ち込んでいる時に、笑顔で励ましてくださり、いつも耳を傾けてもらい、勇気をもらったのが、すごくうれしかったです。
難聴で困っていた時に偶然ここに出会ったのがで、私は幸運です。ありがとうございます。
同じ病気で悩む方も、どうぞあきらめずに治療を続けて頂ければと思います。

突発性難聴でお悩みの方へ 鍼灸師よりメッセージ

皆さん、はじめまして!

鍼灸師の谷口です。2階の難聴治療を担当しております。

「鍼の刺激が怖い」と不安をもっている方も多いと思いますが、当院では1人ひとりにあった

刺激で施術を行っていきます。最初、不安で緊張されていても実際に施術を受けられると

気持ちよくなり、うとうとされる方もいらっしゃいます。

急に耳が聴こえなくなったり、耳鳴りがしたりするということはとても不安かと

思います。その不安を少しでも取り除けるように、しっかりと耳の状態を伺います。

又、日常の何気ない会話などで心身共にリラックスして頂ければと思います。

耳の不調があれば1度当院へお気軽にご相談下さい。

鍼灸師の駒澤です。

初めまして谷口先生と難聴鍼灸を担当させて頂いております。

治療最終受付は19:30です。

お仕事帰り、学校帰りの患者様たちに来院して頂いております。

個室で耳の状態、日々の生活のお話を伺いながら治療をします。

「鍼を耳周りに刺すなんて痛そうで怖い!」と思っている方は多いです。

でも最初、恐る恐る治療を受けられた患者様には・・・

「あれ?全く痛くなっかた」「少し痛かったけど大丈夫だった」治療中に

寝てしまう患者様もいらっしゃいます。そして聴力の回復より前に「耳鳴りがなくなった」

「めまいが治った」などの感想も頂いております。

「聴こえが悪くなった」「耳鳴りが辛い」「耳が詰まった感じがする」「めまいがして気分が悪い」

耳が原因とみられる症状の方、一度ご相談くださいませ。

料金

初診料 2.000円(+消費税)
1クール治療費 6,000円(+消費税)
① 難聴専門マッサージ ①~③で1クールです。
施術時間目安:45分~50分
初診:60分(問診・自宅指導)
② 難聴鍼灸施術 
③ レーザー照射
 

初診は問診料2.000円(+消費税)が必要です。
治療は完全予約制でプライバシーが守られた空間で行います。

突発性難聴 漸減鍼灸療法について

初回は2-3回クールを行います。
初日に集中治療にて改善率は大幅にアップします1クール終わって続けて行ってもよいですし、午前・午後一回ずつでも可能です。 2日目は2クール 3日目は1クール 一週間毎日通院で効果が発揮されます。
治癒率の高いゴールデンアワーに集中的に行うことが治癒の最大のポイントです。
継続治療が高い点から急性期は集中治療が受けやすいように10クール回数券 があります。

回数券(10回) 58,000円(+消費税)

※当院の領収書は医療費控除の対象になります。
当院は国家免許を所有した施術者が保健所の認可のもと運営している医療施設です。
当院の鍼灸マッサージ治療の医療費、及び通院にかかる交通費は、医療費控除の対象となります。
医療費控除とは、一世帯(同一家族)の医療費の合計が10万円を超えた場合、医療費の総額から10万円を差し引いた金額が税金控除額として加算されるという制度です。医療費控除の申請は確定申告時に行います。

2か月以降の突発性難聴の鍼灸治療

集中治療から切り替えて、全体のバランスを整える目的で自律神経を安定させ、日常のストレスを軽減していきます。
集中治療の期間が終わりますと、徐々に耳鳴り、耳のつまった感じ、音の響く症状が改善されます。 2~3ヵ月で聴力回復が一旦固定される方が多いですが、その後も、症状が繰り返したり、耳鳴りや音が響くなどにストレスを感じる患者様が多いです。
それが心理的に対してもストレスとなり体全体のバランスが崩れていきます。
引き続き、筋の緊張をとるマッサージに加えて、頸椎の動きとバランスを取る治療を行います。
また、全身の血流とリンパの流れを良くするために、体を温める治療も併用していきます。

STEP1耳から首にかけてマッサージ

耳から首にかけての筋緊張を取り、神経伝達を促すため難聴専門マッサージを行います。

STEP2自律神経を安定させる

スーパーライザーで星状神経を治療して、自律神経を安定させます。

STEP3難聴改善・予防の鍼灸治療

難聴改善・予防に効くツボに鍼灸治療を行います。

STEP4頚椎の調整・改善

(突発性難聴のほとんどの方で、頚椎の運動制限と温度異常が観察されます。)
脊椎治療先進国の米国製特殊ベッドにて、安全に痛みなく、脊椎の動きをつけていきます。
頸椎の動き・筋緊張が改善されると、神経伝達の改善もみられ、結果難聴治療にも相乗効果を発揮します。

この治療技術の習得に全国から総院長の治療を習いに先生が訪れます。
定期的に本院で開催されている総院長の実技セミナーです。(26年7月に全国より120名の先生が本院見学)

【マメ知識】カイロプラクティックとは・・・
1895年9月18日にアメリカのアイオワ州でD.D.パーマーにより発見されました。 100年前に米国で生まれた、歴史ある自然療法で、大学まで教育機関がある治療法です 17年間難聴であったハービー・リラードに背骨の調整を施したところ、驚異的に彼の聴力が回復したことに始まります。この初めてのカイロプラクティック・ アジャストメントが行われた日として、9月18日はカイロプラクティックデーとして世界中でその功績を称えています。

総院長  大榎 良則よりメッセージ

突発性難聴でお悩みの方へ

総院長の大榎です。

私も10年四日市の病院へ勤務し、リハビリを担当していましたが、突然何の前触れもなく難聴となる方をみてきました。西洋医学の世界にどっぷりとつかり、医師とも相談して聞いていましたが、確実で統一された治療法はありませんでした。これだけ医学が進歩しているにもかかわらず、20年前と同じで、いまだに西洋医学的には解明されず、これといった決定的な治療法が無いのが現状です。

しかし、統計を取っていくと、効果的な治療法もわかってきました。
耳だけの構造では説明がつかないことにこの病気を克服する鍵があります。
腰痛も25年の医師ガイドラインで、85%の腰痛は原因がわからない!!と衝撃的な発表が医師からありました。
人間は本来、心と体が一体でできており、そのバランスが崩れると様々な原因解明できない病気にかかります。
突発性難聴・腰痛・不妊しかり・・・です。

そして、これらに共通していることは、日常の生活においてのストレス、血流の障害、環境が大きく関与していることは、医学的にもわかり、それらを改善することの大切さに重きを置いている傾向になっています。
もちろん、まずは医学的に、はっきりした原因がないのか、画像検査・血液検査・医師の対診は必要であり、当院もしっかり連携しています。(26年8月現在105人の医師と連携・市内総合病院すべてと連携)

当院がなぜ難聴鍼灸を取り入れたのか・・・

原因のある病気や、科学で説明できるものには西洋医学は無敵です。

しかし、原因のわからない疾患に対してはこれほど手の施しようのないものか・・ と臨床20年を経験した感想です。

そこで、本来の人間の自然治癒能力の向上、向かい合って、じっくり お話を聞き、治療できるスタイルである鍼灸治療はすごく相性がいいです。 人間は機械ではないです。

心と体がしっかり機能することで、生活が営め、健康で過ごせる。

当院は西洋医学と東洋医学のいいところをチョイスして、 東海地方でも初となる画期的な治療法を取り入れ、難攻不落の疾患に対応して日々向上しています。

医師連携も行い、西洋医学的な検査、物理療法を合わせ、 鍼灸治療・マッサージという東洋医学で補完する形で 行う。

苦しんでいる患者様が少しでも救えるならば、 西洋医学も東洋医学も垣根を取り払い、 良いものを作っていくことが今必要な時代ではないかと思います。

統計的にも結果が出ているこの治療法がスタンダードとなれるように 全力で私たちがチームでサポートします。

よくある質問

Q

通院の目安は?

A

週に3~4回ペースをおすすめします。
当院は病院のステロイド漸減法のアプローチとおなじ、最初は集中的に治療することで効果が上がることがわかりました。
突発性難聴は発症から2週間はとても反応がいいです。
3か月を過ぎると症状も停滞することから発症2週は週3-4回通院をお勧めします。
3か月経過後は、経過観察・予防として月1回程度もいいかと思います。

Q

めまいや、ふらつきがありますが、どうでしょう?

A

まずは、耳鼻咽喉科へ。それから当院にご相談ください。
まずは、耳鼻咽喉科で原因があるのか精密検査します。
また、病院へ受診した方で、原因がわからない方も多くいます。めまい、ふらつきは突発性難聴でも併発する方がおおくみえます。

起きたときにクラッと一瞬するめまいは起立性低血圧の一時的なものですが、寝ても目が回る、長時間めまいがする症状は危険ですので、まずは病院受診をお勧めします。

かかりつけ医がいない場合は、当院がご紹介させていただきます。難聴鍼灸でもめまい、ふらつきが改善した例も多くありますので、一度ご相談ください。

Q

他の鍼灸院と何が違いますか?

A

医療機関と連携しているため、西洋医学的なフォローも可能です。
当院は、耳鼻科医、総合病院とも連携しています。
鍼灸のみではなく、西洋医学的なフォローも可能です。

脳血流・自律神経を整えるレーザー物療・検査機器も取り入れ、総合的にアプローチしてくことが特徴です。
もちろん、鍼灸経験も豊富でベテラン鍼灸師が施術担当します。

Q

費用がどれくらいかかるか心配です

A

鍼灸治療は自費診療になります。
難聴鍼灸は、保険適応外なので自費診療となります。

個々の症状が違うため、おひとりにかかる時間を十分にとりますので、貼って終わり、付けて終わりという治療ではないので、単価はそのような治療にくらべると高くなります。

しかし、効果のない回転率重視の治療は長期間かかり、結局はコスト面・時間もかかります。
当院は短期結果重視の治療でありますので、患者様の貴重な時間と費用を有効かつ効率的に行えるものと思います。

また、クオリティーと結果に自信があります。

回数券もありますので、一回料金も下がり、通院できやすいように最大限サポートします。

Q

良くなればこなくてもいいですか?

A

繰り返す方には、定期的な受診をおすすめしています。

症状は3か月で落ち着かれる方が多いです。
ただやはり繰り返して耳鳴りがする方や、体調により耳に違和感がある方もみえますので、定期的な受診・検査により早期発見とメンテナンスにより、良い状態が維持できやすいです。

お問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約、お問い合わせはこちらまで、電話:059-380-3303